エキサイト電話占いの彩色(あや)先生の当たる口コミ評判

エキサイト電話占いの彩色(あや)先生のアイコン画像
所属サイト
エキサイト電話占い ≫
鑑定料
1分429円
鑑定歴
46年
ユーザー人気度
--
公式URL
https://d.excite.co.jp/
占術
透視 / 霊視 / 霊聴 / 祈願 / 魂・先祖対話 / エネルギー送り / ヒーリング / 浄霊・浄化 / 縁結び / 想念伝達 / 波動修正 / ペット霊視.霊聴 /
得意な相談内容
相手のこと / 複雑愛 / 復縁 / 本質 / 近未来 / 未来 / 過去世 / 不倫 / 対策とアプローチ / 片思い / 歳の差 / 遠距離恋愛 / 国際結婚 / 結婚 / 離婚 / 婚活 / マッチングアプリ / 連絡 / 時期 / 状況好転 / 仕事 / 人間関係 / 評価 / 転職 / 適職 / 経営 / 事業 / パワーハラスメント / 人事 / シングルマザーの悩み / 姉妹 / ママ友の本音 / ご近所トラブル / 嫁姑問題 / 妊活 / 親子問題 / 人生 / 心の病 / 職場の人間関係 / 動物の気持ち /

\ 初回合計最大8500円分無料のエキサイト電話占い /

エキサイト電話占いの彩色(あや)先生の特徴とは?

彩色占い師先生は、エキサイトからのご紹介を受け、その鋭い御祈祷力で多くの方々の魂を真実の愛に導くお手伝いをなさっています。
先生は、ご相談者様の魂に対して、自身の波動を媒体として調整し、心の声や体の状態まで鮮明に感じ取ることができる特技をお持ちです。

透視や霊感、霊視を用いた鑑定では、魂のビジョンを捉え、暗い闇を取り除くことに長けていらっしゃいます。

得意な相談トップ3では、恋愛に関する深い洞察、交際中の相手の気持ちや未来に関する鑑定、そして子育ての相談にも対応しています。
恋愛では、相性の良い相手の特徴や出会い方を伝え、交際中の相手の気持ちや未来については、ご祈願やチャネリングを通じて深い洞察を行います。

また、子育てに関しては、お母様とお子様の魂に焦点を当て、親としての適切な接し方を教えてくださいます。

占いスタイルにおいては、「霊格は人格」という信念のもと、真剣に、しかし堅苦しくないアプローチで相談者様に寄り添います。

鑑定では、お客様の生年月日から始め、お客様の声に合わせて波動を調整し、魂のあり方を形、色、温もり、柔らかさ、波動で理解します。
ビジョンや声、音を感じ取りながら、お客様や関係者の心の声を代弁し、体の状態を感じ取ることも可能です。

そして、お客様を取り巻く暗いオーラや乱れた波動を感じ取った際には、それもお伝えし、適切な道へと導いてくださいます。
彩色占い師先生の鑑定は、真実の愛を掴むための道筋を示し、ご相談者様の魂を解き放つための大きな力となることでしょう。

エキサイト電話占いの彩色(あや)先生はどんな人におすすめ?

恋愛中の相手の気持ちや未来に関する悩みを抱えている方に、彩色占い師先生の鑑定は特におすすめです。先生は、相談者様の魂を深く読み取り、ご祈願やチャネリングを通じて、お相手の心の内を探ります。
特に、お相手の本当の気持ちが知りたい、二人の未来に不安を感じている、関係の進展について悩んでいるといった方々にとって、先生の鑑定は大きな助けとなるでしょう。

先生は、お相手の特徴や気質を視ることで、その人が本当にあなたにとって適した相手なのかを見極めるお手伝いをしてくださいます。

また、お二人の関係の未来についても、運命の流れを読み解き、どのような展開が待っているのかを伝えてくださいます。
これにより、相談者様はお相手の気持ちや二人の関係の行方について、より深い理解を得ることができるんですよね。

恋愛中の不安や疑問を抱えている方々にとって、彩色占い師先生の鑑定は、心の迷いを解消し、関係をより良い方向へ導くための重要な一歩となるでしょう。
先生の深い洞察力と温かい鑑定スタイルは、多くの方々にとって心強い支えとなっています。

エキサイト電話占いの彩色(あや)先生の口コミ、評判は?

ユーザー人気度
総合--
的中率--
話やすさ--
アゲ鑑定度
(多い程アゲなし)
--

まだ口コミやレビューがありません。1番初めの投稿者になってみませんか?

 

 

\ 初回合計最大8500円分無料のエキサイト電話占い /

電話占い一覧

占いサービス
ウィルLINEトーク占いウラナ
カリスクォーレココナラ
ユアーズシエロステラコール
スペーシアデスティニーピュアリ
マヒナ梓弓メル
ラフィネリエルリノア
ロバミミヴェルニ
エキサイト電話占いフィールSATORI電話占い
みんなの電話占い霊場天扉ティユール
ひとみワールドセシルコメット

2023年12月29日エキサイト電話占い

Posted by EclatMo編集部